ブロックの構え コツ バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 上達 練習

ブロックの構えとコツ

ブロックが上手く出来ていますか?
ブロックは相手の攻撃を読んで動くプレーなので、まずは動きやすい構えで行うことが大切ですね。

 

 

膝は軽く曲げて親指の付け根あたりに体重をかけて、すぐにジャンプ出来る体勢をとり、手は相手のスパイクに対応できるように、手を上げてネットの上に近いところで構えます。

 

 

また、ブロックの構える位置は、ネットに近くても遠くても良くありません。近すぎるとタッチネットになりやすいですし、遠くてもブロックに入りにくいので、ネットの距離感の目安としては、片手の長さくらいの位置で構えるとちょうど良いでしょう。

 

 

そして、特に気をつけたいのが手のひらと腕のかたちです。
手はボールを包みこむように開いて、少し内側に向けるようにし、腕は相手のスパイクに負けないように前にしっかり張ります。

 

 

また、手を広げただけでは、ボールを弾いてしまうので、ボールが当たる時に手をしっかりと下に向けて相手コートに落とすようにすることが、ブロック成功のコツです。
ただ、指を広げて跳ぶとボールに触れる可能性は高くなりますが、小指に当たった場合はボールを押さえこむことが出来ないので、親指と残りの4本の指でVの字の形にするのが良いように思います。

 

 

更にジャンプした時に、空中で手が前に出ない人は、足のつま先を上げるようにすると自然と手が前に出てくるので、練習でも意識して行ってみましょう。
なお、小学生などのジュニア選手のブロックの練習方法としては、手の形とボールを下に落とす感覚を身につける為に、少し硬めのプラスチックのボールを手に投げてもらい、下に落とす練習をすると良いでしょう。

 

 

この工藤憲監修のバレーボール・ジュニア選手育成プログラムDVDでは、小中学生バレー選手でもブロックがもっと上手く出来るようになる為に、コアトレーニングを基にした練習方法が紹介してあります。また、手の突き出し方はもちろん、ステップ練習の種類にも言及して、スパイクをブロックするテクニックが学べます。

 

小学生のジュニア選手の目線にたった上達練習法

           バレーボールジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる