ブロックの基本 バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 上達 練習

ブロックの基本

バレーボールのブロックは、練習を後回しにしやすいですが、レシーバーよりも先にボールに触る最初の守りであり、相手のスパイクをシャットアウトすれば攻撃的な一面もあるなど、相手に勝つ可能性がある重要なプレーです。

 

また、敵のスパイクを止めるだけではなく、プレッシャーをかけることにもなり、毎回しっかり跳ぶことで相手のミスを誘ったり、味方のレシーブをやりやすくするなど、試合展開を自分たちのペースで運べるようになります。

 

ここではそんなブロックの基本からコツ、練習方法を中心にお伝えしています。小中学生のジュニア選手の上達や、その指導者の方や親御さんの参考になれば幸いです。

ブロックの基本記事一覧

ブロックの構えとコツ

ブロックが上手く出来ていますか?ブロックは相手の攻撃を読んで動くプレーなので、まずは動きやすい構えで行うことが大切ですね。膝は軽く曲げて親指の付け根あたりに体重をかけて、すぐにジャンプ出来る体勢をとり、手は相手のスパイクに対応できるように、手を上げてネットの上に近いところで構えます。また、ブロックの...

≫続きを読む

 

近くに動いてのブロックのやり方

素早く横に動いてブロックが出来ていますか?小学生や中学生のバレーボールのジュニア選手のチームの中には、敵のスパイクが上手くブロックが出来ないチームも少なくないですね。そして、バレーボールのブロックのステップは距離によって適したものがあり、近くに動いてブロックする場合は、横移動の基本となるサイドステッ...

≫続きを読む

 

遠くに動いてのブロックの仕方

遠くに離れたところに動いてのブロックが上手く出来ていますか?近くに動いてブロックする場合は、サイドステップを使いますが、それよりも距離がある2歩分の横移動での遠くに動いてのブロックの仕方はクロスステップを使います。遠くに動いてのブロックの仕方(ステップ)の分かりやすい動画があったので参考に見て下さい...

≫続きを読む

 

2枚ブロックの仕方

2人で呼吸を合わせての2枚ブロックが上手く出来ていますか?小学生や中学生のジュニアバレーボールの強いチームは、3人、ないしは2人で呼吸を合わせて壁を作って相手のスパイクをしっかりブロックしています。そして、まずは強力な2枚ブロックを作れるようになりましょう。そんな2人で呼吸を合わせてのブロックは、1...

≫続きを読む

 

ブロックフォロー(カバー)の練習

ブロックフォロー(カバー)がしっかり出来ていますか?強いバレーボールジュニアチームというのは、やはりブロックフォローもしつかりしているものですね。そして、相手にブロックされたボールをフォローが出来ない原因としては主に3つ考えられます。1つ目は、味方スパイカーの打球コースと反射角の理解不足があるでしょ...

≫続きを読む

 

ブロックを抜かれてしまう

バレーボールで、ブロックを抜かれてしまうという悩みはありませんか?敵にスパイクを打ち込まれるのを壁になって防ぐのがブロックですが、苦手としている小学生のジュニア選手も多いものですね。その中でブロックのジャンプやタイミングは合っているのに、上げた腕の左右を抜かれてしまうというケースも良く見られます。こ...

≫続きを読む

 
 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について