ジャンプバックトス バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲

ジャンプバックトス

ジャンプバックトスを上手くあげることが出来ますか?
ジャンプバックトスは、一番バランス能力が必要となるトスです。

 

ジャンプバックトス

 

相手ブロッカーの予測を外し、反応を遅らせるのが最大の目的になり、セッターであれば、クイック攻撃などで相手ブロックを振ることができますね。

 

 

セッターに限らず、まだポジションが将来的に決まっていない小学生のうちに全員の選手が出来るようにしておくといいです。

 

 

ボールに触れる直前まで普通のジャンプトスと思わせるために、前へのトスと同じフォームを出来るだけ長く保つようにすることが大切です。
そして、ジャンプして出来るだけ高い位置でボールをとらえ、上げる瞬間に腰を前に出すようにして体を反らして後ろに上げるようにします。

 

 

角度や距離は体の反りで調整し、距離のあるトスはボールを触る瞬間に大きく体を反って上げます。また、それに合わせて手首のスナップを強く使うといいです。

 

 

決して腕の力でやろうとはせずに、常に一定の力でトスを上げられるように練習しましょう。
これに慣れておけば、スパイカーが見えなくても安定したトスが上げられるようになります。

 

 

バックトスに限らずトスではボールの下にいかに素早く入り込み、トスの時間を作れるかが大きなポイントになります。
ボールコントロールだけではなく、ボールの下に素早く入れるようにフットワークを強化するようにしていきましょう。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について