低学年 サーブ バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 上達 練習

低学年の有効なサーブとは?

筋力がない小学生の低学年でも、有効なサーブは打てます。
重心移動の勢いをボールに伝え、背中の筋肉と腰の回転をうまく使って打つサイドハンドサーブなら、パワーがなくても飛距離が出せて効果的なサーブが打てます。

 

 

この時に肘を固めてボールの芯をとらえることで、ボールが無回転になり変化を与えることが出来ます。
指は軽く曲げて手のひらを平らにした状態で固定し、手首にに近い固い部分にボールを当て腕を振りましょう。

 

 

上手くできない人は、トスを上げるという意識を持つよりも、ボールを打つ位置に初めから左手を置き、それを打つように腕を素早く振ると簡単に打つことが出来ますよ。

 

 

要は、左腕と右腕が同じ高さに位置するようにするということです。
その際には、腰を真っ直ぐお腹に力を入れて振り、体が正面を向くまで腰を最後まで回転させるようにしましょう。

 

 

ただ、この時にボールを支えている左手が下がってしまうと上半身のバランスも崩れて効果的なサーブが打てなくなってしまうので、注意してくださいね。

 

 

なお、サイドハンドサーブのコツのところで、出来るだけ肘を曲げないように腕を真っ直ぐに伸ばすのが基本とお伝えしました。
ですが、この場合はボールを離した瞬間に腕を素早く振らなければいけないので、腕を伸ばしたまま振り回すとケガに繋がる恐れがあるので、肘を軽く曲げてスイングするようにしましょう。

 

 

そうすることで、肘にかかる負担が減ります。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について