サーブのコース バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 上達 練習

サーブのコースの狙いどころ

バレーボールサーブで大切なのは、まずは確実に入れることです。
その為、まずは狙ったコースにしっかり打てることが大事になると思います。

 

ショート

 

近年はパワーとスピードが求めれる傾向があることから、小学生バレーのサーブも攻撃的なサーブが主流になってきていますが、一方でミスもよく見かけます。

 

 

ラリーポイント制になってからは、サーブのミスが即失点に繋がるようになっただけに、その重要度も増してきています。
特に奥のサーブを狙うのは、小学生の筋肉ではアウトボールになったりすることもよく見かけることから、ちょっと難しいのかな?と感じています。

 

 

そこで、サーブで狙うコースとしては、ネット際の両サイドを狙っていくと良いように思います。
ただ、クロスコースを狙うと体のバランスの安定が難しいので、入る確率を高めるならストレートコースを基本的に狙っていったほうがいいです。

 

 

この時は、狙う位置によってサーブするエリアを移動して、相手の弱点に狙いを定めるようにします。
また、チーム全体のバランスも考える必要があるので、練習ではクロスコースも行って、打てる選手も育成しておくことも大切です。

 

 

やはり強いジュニアチームの指導者というのは、その時々の状況をしっかり把握して、少しでも戦術に生かせるような工夫をしているものなので、そのあたりもしっかり考えて練習を行うことが必要なのかなと思います。

 

 

バレーボールジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる >>

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について