バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 スパイク ジャンプ 上達 練習

スパイクのジャンプの動き

スパイクでのジャンプの動きが上手く出来ていますか?
ボールとの距離感を掴みながらジャンプすることが大切ですが、小学生や中学生のジュニア選手の中にはタイミングが上手く掴めず、威力のあるスパイクが打てないという悩みも少なくないでしょう。

 

 

そして、ジャンプしてボールを空中でタイミングよく打つには、ボールとの距離や落ちてくる位置を見定めなければいけません。
そこで助けになるのが、スパイクを打つ腕と反対の腕を使うことです。

 

 

利腕が右の選手なら、ジャンプをする時に逆の左腕を上げるようにすると、トスされたボールが落ちてくる位置や距離を測ることができて、タイミングがとりやすくなるんですね。

 

 

ですが、ここで注意したいのは、逆腕が横に広がってしまうとボールと自分との距離などの関係が掴めないので、真っ直ぐに伸ばすようにすることが大切です。
そうすることで、ボールとの距離感を掴みながらジャンプすることが出来るようになってくるでしょう。

 

 

そして、このスパイクのジャンプの動きでの一連の基本のやり方としては、ステップで助走をとり、スパイクを打つ逆の腕を真っ直ぐ上げてボールの位置や距離を測りながらジャンプして、肘を入れて腰をひねります。

 

 

この腰を回す力を使って右腕を振り、逆腕は引いて体につけ、膝を曲げて両足で着地をします。
まずは、トスのボールをドンピシャなタイミングでジャンプして打てるようにしっかり練習しましょう。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について