ネットぎわのスパイク コツ バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 上達 練習

ネットぎわのスパイクのコツ

バレーボールで、ネットぎわのスパイクを上手く打てますか?
トスが乱れて、ネットぎわに上がったボールを普通に打ち込もうとすると、タッチネットになりやすいものですね。

 

 

特に小学生のジュニア選手にミスが多く見られます。
これを避けるには、肘を伸ばして出来るだけ高い位置で打つことが大切です。

 

 

いつものスパイクのタイミングでジャンプして腕を振り抜こうとしたり、助走の勢いがあまってしまうと、振り抜いた後の腕がネットに触れてしまいやすいものです。

 

 

 

その為、高い位置で肘を伸ばしてボールをとらえるように心掛けて、振り抜くのではなく、手首を柔らかく使ってスナップをきかせ、ヒット後には高く伸ばした腕をそのまま伸ばしきるように打ち終わるようにすることが、ネットぎわのスパイクのコツです。

 

 

また、ネットをあまり意識しすぎてしまうと手打ちになってしまうので、ボールの中心をしっかりとらえるようにすることが大事です。

 

 

ただ、小学生のジュニア選手にスパイクを指導する際には、大きなジャンプから全身を使って打ち込むようなスパイクは身体に大きな負担がかかります。

 

 

確かに出来るだけ高いところから、身体の力を効率よく使って打つことが重要とはいえ、小学生の場合には筋力がまだ十分に発達していないので、無理に身体をのけ反らせた本格的なスパイクをさせると、腰や肩を痛めてしまうことがあります。

 

 

その為、まずはバランスを崩さずに、タイミングよく打てることを演習していきましょう。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について