ブロックアウト バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 スパイク 上達 練習

ブロックアウトのコツ

ブロックアウトが上手く出来ますか?
強烈なスパイクを打つのはバレーボールの醍醐味の一つですが、単にジャンプして打つだけでは、相手のブロックなどもありなかなか決まりません。

 

 

その為、小学生のバレーボールのジュニア選手でも、敵のブロッカーにスパイクを叩きつけてサイドアウトさせるブロックアウトはポイントをとる上で必要な技術ですね。
何故なら、敵のブロックが強くてもポイントが取れるようになるからです。

 

 

そして、スパイクの技術はもちろんですが、セッターのトスも重要になり、トスをアンテナの近くに上げるようにするほど、サイドアウトを誘いやすくなるでしょう。

 

 

例えば、レフトから打つならスパイクを相手に向かって左に打ち、ライトからなら向かって右へ打って、ブロッカーの返球がサイドにそれるようにします。

 

 

また、ブロックアウトのコツとしては、レフトから相手のブロッカーに当ててサイドアウトを狙うなら、スパイクを打つ時に右手を内側にひねって、思い切って左側に打ち込むと良いです。

 

 

相手ブロッカーは反射的に手を出してくるので、サイドアウトになる可能性がグッと高くなります。
更に、敵のブロックに高さがあるような場合なら、相手の指先をめがけてスパイクを打って、ワンタッチさせてボールを上に弾かせ、エンドラインの外に行くように打ちましょう。

 

 

いずれにしても、ノータッチで綺麗に決めるだけがスパイクではありません。
あえて相手にタッチさせるのも有効な方法で、全国レベルのジュニア選手のスパイカーは当たり前のようにやっています。
なお、スパイクを打つ時には、力を入れやすい右肩の上に打点を取って強く打つようにしましょう。

 

 

子供目線でのスパイクの考え方と基本動作、練習方法をお教えします!

 

バレーボールジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる >>

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について