フェイク スパイク バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 スパイク 上達 練習

フェイクを入れたスパイク

フェイクを入れたスパイクが上手く出来ますか?
敵のブロックを避ける攻撃には、フェイクを入れてタイミングをずらしてスパイクを打つのも効果的ですね。

 

 

フェイクとは、敵をだます目的でふりをする動きやプレーのことを言いますが、相手のブロックかわしたり、タイミングをずらすことで、得点をとれる可能性をグッと高めることが出来るのです。
実際に、ジュニアバレーボールでも強いチームはフェイクを入れたスパイクを打ったりと攻撃方法のバリエーションも多彩です。

 

 

例えば、スパイカーはレフト(左)に走り込むふりをし、セッターはそれに合わせてスパイクをする逆方向へ動くフェイクを入れて、バックトスを上げ敵のいないライト(右)へボールをあげ、もう一人のスパイカーがライト(右)からスパイクを打ちます。

 

 

このような複数の選手がスパイクのステップに入れば、相手はどこからスパイクを打ってくるのか迷うので、これも一つの相手を騙すフェイクです。
このように敵のブロックをかわしてスパイクが打てるようになるので、様々なフェイクを取り入れると、それだけ攻撃方法の幅が広がりますね。

 

 

また、ブロックを避けるテクニックとして、ブロックアウトも出来るようにしておくと良いでしょう。
特にサイドライン際で打つ時に、ブロックにしっかりつかれた場合は、相手ブロッカーのサイドライン側の小指に当たるようにスパイクを打てば、敵にボールを当ててアウトにして得点することが出来ます。

 

 

いずれにしても、ブロックを避ける攻撃方法が多ければ、それだけ試合の展開を有利に進めらられるので、普段の練習からしっかり取り組むようにしましょう。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について