ブロードスパイク やり方 バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 上達 練習

ブロードスパイクのやり方

小学生などのジュニア選手でも、ブロードスパイクが出来ると良いですね。
このブロードスパイクは、中央付近から左右に素早く走って移動しながら片足でジャンプしてスパイクを打ちます。

 

 

その為、敵のブロックをかわして自由にスパイクが打てるようになるので効果的です。
ですが、トスを上げるセッターとのコンビネーションがとても大切になってくるので、繰り返し練習しましょう。

 

 

また、ブロードスパイクは移動しながら片足でジャンプして打つことから、ジャンプフローターサーブの体の使い方が似ているので、タイミング掴む練習にはちょうどいいです。
更に、片足でジャンプすることから、空中で体が進行方向に流れて行かないように、しっかり上に跳ぶようにしなければいけません。

 

 

その為には、ジャンプする踏み切る直前に左足でしっかり体を止めて上に跳び、ネットに体が向かい合うようにして打つようにしましょう。

 

 

そして、右に移動しての基本的なブロードスパイクのやり方としては、まずセッターがトスを上げます。
スパイカーはセッターの方を向き、右方向に走って移動し、敵のブロックを外して左足で踏み切って片足でジャンプして、相手コートにスパイクを打ちます。

 

 

ブロードの練習方法としては、スパイカーは、セッターがトスを上げる前に助走をスタートさせ、セッターはバックトスを上げます。
スパイカーは、ボールを追いかけながら、ネットにに対して上半身を平行にしたままライトへ走り、ボールの下まで来たら体を止め、左足で踏み込みます。

 

 

右足を高く上げるようにして、身体を右に回転させながらコンパクトに腕を振ってボールを打つように練習していくといいかと思います。

 

 

いずれにしても、スパイクの決定力を上げるには、相手のブロックを散らして、ノーマークや1対1の状況を作れることがポイントになるので、色々な攻撃のバリエーションを身につけていきましょう。('ω')ノ

 

バレーボールジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる >>

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について