クロススパイク 打ち方 コツ バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 スパイク 上達 練習

クロススパイクの打ち方とコツ

クロススパイクが上手く打つことが出来ていますか?
このスパイクは、斜めの角度に打つもので、小学生のジュニア選手でももクロスに打つと、相手の守備体勢が整えづらいので得点に結びつきやすくなります。

 

 

そして、クロスパイクの打ち方に主に二通りのやり方があります。
一つは、最初からコートの内側を向いたまま斜めにスパイクをする打ち方です。もうひとつは正面に体を向けたまま、手をひねってクロスに打つやり方です。

 

 

特に体を正面を向き腕だけをひねって、斜めに打てば相手にコースを読まれずにスパイクが打てるようになります。
例えば、クロスをライト(右)から打つ時は、腕を右にひねり、逆にレフト(左)からは腕を左にひねってクロススパイクを打ちます。

 

 

右利きなら、ライトからのクロスのほうが右腕がネット側になるので、レフトからよりもコントロールがしやすいでしょう。
この時のクロススパイクの打ち方のコツとしては、ボールの真ん中をしっかりとらえてミートすることです。
そうすれば、手が当たりそこなってボールが曲がるといったこともなくなるでしょう。

 

 

やり方としては、レフト側から打つなら、スパイカーは体を正面に向けたままジャンプをして、腕の振りだけを斜めにします。そして、右腕を左にひねりながらクロス(斜め)へ打ちます。
この時に相手のブロックがついていればかわして打てるので、それだけ守備が手薄になり得点になりやすくなります。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について