Cクイック やり方 バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 スパイク 上達 練習

Cクイックのやり方

Cクイックが上手く出来ますか?
Aクイックと見せてセッターの背後に素早く回り込んで、バックトスをライト側から打ち込む速攻がCクイックですね。

 

 

その為、セッターがトスアップする時に、スパイカーが見えないので、タイミングの取り方がAクイックより難しいと言えます。

 

 

特に相手ブロッカーを惑わす為に、スパイカーはセッターの背後に回り込むので、ジャンプのタイミングが遅れやすいですが、そうなるとトスの落ち際でボールを打つようになり、打点が低くなってしまいます。

 

 

高さもなく強打もしにくいクイックスパイクでは、ブロックをかわすのは難しいので、日頃からコンビネーションの練習を重ね、素早く移動するように心掛けながら行うことが大切です。

 

 

また、多少タイミングがずれても諦めてフェイントに変えたりするのではなく、腕を振るタイミングや手首のスナップを利かせて、粘り強く打てるようにしておくと良いですね。

 

 

実際に、小学生のバレーボールジュニアのトップチームはこれがしっかり出来ているものです。
更に、Cクイックでもセッターがジャンプクトスをすることで、攻撃のバリエーションが増えます。

 

 

ツーアタックなどの他の攻撃と混ぜることで、相手が悩む要素が増えるからです。
そんなCクイックのやり方は、レシーバーからセッターにボールが上がったらAクイックに見せかけて助走を開始します。

 

 

そして、背後に回り込み、セッターにボールが届く前にジャンプし、バックトスでセッターの手からボールが離れた時にはバックスイングしている状態で、ボールが上がったらすぐにスパイクを打ちます、

 

 

どちらにしても、相手センターを右に動かせるかどうかが成否の分かれ道なので、アタッカーもA、Cどちらへも行ける方向から入れればベストです。

 

 

なお、小学生のジュニア選手でも左利きのスパイカーがチームにいれば、完全にAクイックと同じように打つことが出来るので、それだけ攻撃力もアップに繋がり有利でしょう。

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について