ツーアタック やり方 バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 スパイク 上達 練習

ツーアタックのやり方

ツーアタックを使っていますか?
セッターがレシーブボールをトスせずに、そのまま打ち込むのがツーアタックです。

 

 

セッターが行うトスフェイントよりも積極的な攻撃方法なので、良いレシーブが上がりトスを必ず上げてくるだろうという場面で使うと、相手の意表がつけ小学生のバレーボールでも効果的です。

 

 

前衛にいる場合なら敵のブロック位置を見ながら行い、後衛に位置する時には走りながらコートの空いているところを狙って打ちます。
また、ツーアタックは基本的には左手でボールを操作します。

 

 

この時には、肘を真っ直ぐに維持して高い位置から手首のスナップを使って素早くボールを落とすように打つのがコツです。
基本的なツーアタックのやり方は、レシーブボールを見ながらボールの落下点に入り、通常のトスアップもしくはジャンプトスと同じように跳び上がり、トスからスパイクのスイングに切り換え、相手の守りの穴へ強めにボールを打ち込むようにします。

 

 

また、トスを上げる時もしっかりジャンプすることで相手はより惑わされるようになります。
更に、片手のツーアタック攻撃よりも相手を騙すことが出来るのが、両手でバックトスを上げる動きから相手コートに落としていくことです。

 

 

この時にはおでこの上からボールを送り出して、身体がネットに対して斜め45度くらいになるようにし、ネット上すれすれを通過させるようにして空きスペースを狙っていきましょう。

 

 

なお、ネット際でツーアタックーを行う際には、ジャンプ力がないとホールディングをとられてしまうことがあるので、ジャンプ力をつけるために床にマットを敷いて転がった体勢から動き出しを始めて不安定な状態からでも安定してジャンプが出来るように練習していくと良いです。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について