壁パス やり方 バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 パス レシーブ 上達 練習

壁パスのやり方

バレーボールの壁パスの練習を行っていますか?
ジュニア選手でも連続して壁をボールに当てておこなう壁パスは、1人でも練習が出来るので、ボールコントロールを養うには最適ですね。

 

 

そんな壁パスの練習のやり方にはいくつかありますが、まずは壁から近い距離から始めましょう。

 

 

壁から1〜2メートルくらい離れて立ち、オーバーハンドパスでボールを壁に当てることを繰り返し行います。
ボールを壁に当てる位置は、あらかじめ決めておいて、そこを狙うようにして下さい。

 

 

また、同じようにアンダーハンドパスでも行うのも良いですね。
そして、壁パスの練習のポイントは、どこにどんな角度で壁に当たれば、自分に良いボールが跳ね返ってくるのか考えながらやることです。

 

 

また、最初の慣れないうちは、ボールを高く壁に当てるとコントロールがつけにくので、高くあげすぎないほうがやりやすいでしょう。
どちらにしても、体育館などの練習場所が使えない時や、個人で自宅で練習して、ボールコントロールをつけたいというジュニア選手には効果的です。

 

 

手首を柔らかく使うことや、指先でボールを捉える感覚を意識して、いつまででも続けられるようになることを目指して練習を行いましょう。

 

 

この工藤憲監修のバレーボール・ジュニア選手育成プログラムDVDでは、壁を使った個人練習のいくつかのパターンが映像で分かりやすく紹介してあります。

ライバルに差をつけるためにも、壁パスなどでしっかりボールコントロールが出来るようになりましょう。

 

ジュニアでも一人でこっそり出来るパス練習法をお教えします!

 

バレーボールジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる >>

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について