サーブレシーブ ポイント バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 パス レシーブ 上達 練習

サーブレシーブのポイント

サーブレシーブが上手く出来ていますか?
スピードのある強いサーブ、威力はさほどないが複雑に変化するものなど、色々な球種があるので常に安定したボールをセッターに上げることは、小学生のジュニア選手にとっては難しいものです。

 

 

そんなサーブレシーブのポイントは、ボールの軌道に正対して、片方の足を斜め前に出して、その脚の膝の内側でボールを捉える意識を持つことです。
そして、前に出した足の膝と腕の面を目標方向に向けボールを送り出すようにします。

 

 

そうすることで、おのずと足幅のスタンスも確保できるようになり、安定した レシーブが出来るようになってくる筈です。

 

 

ですが、両足がそろった状態で行ってしまうと、ボールの変化に対応出来なくなってしまいますし、膝の外側でボールを捉えるようにしてしまうと腕を振ってしまうので注意が必要です。

 

 

そして、速くて強いサーブや手元で変化するボールに対しては 体の中心で捉えるようにすることが大切です。
上手く出来ないジュニア選手はコースの予測判断力が低いので、両腕で輪を作りボールをその中に通す練習をすると良いです。

 

 

あくまで腕を動かすのではなく、足を使って落下点に正対して、輪の中心にボールを通過させるようにしましょう。

 

 

普通の小学生を全国レベルに引き上げる独自の練習法

 

バレーボールジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる >>

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について