バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲 パス 上達 練習

パスの効果的な練習方法

パスは、バレーボールの基本ですので、反復練習でどんな場面でも対応して、ボールコントロールできるようにしておきたいですね。
レセブションやテイグのレシーブが上達する為には、オーバハンド、アンダーハンドパスの基本練習は欠かせません。

 

 

そして、1人で行えるものから2人で出来るもの、セッターを入れてのパスの練習方法など色々あります。
1人で行うパス練習は、頭上へオーバハンドで上げ、高さや方向を自分の思うとおりにコントロールしながら、出来るだけ長く続けられるように行います。ボールに慣れることもでき、ボールの勢いを吸収し和らげるコツ、ボールコントロールの強弱の仕方も覚えられます。これなら自宅でもできますね。

 

 

2人1組で行うパス練習は、片方がボールを出して、もう一方が相手に正確に返すように交互に行います。ボールを出す方は、相手を前後左右に動かすように方向を変化させて、パスする方は素早くボールに追いついて正しいフォームを心がけてパスを正確に送り返します。
これをすることでで、フットワークとボールコントロールを強化することが出来ます。

 

 

また、セッターを入れてのパス練習は、ネットの反対側から様々な違う方向にボールを入れて、パスする選手はアンダーとオーバーを使い分けてセッターへボールを送るようにします。
セッターはボールを受けて、ネット反対側にいる選手に返します。これを繰り返すことで、実践力の強化に繋がるでしょう。

 

 

その他にもネット越しでのオーバーハンドの練習方法もあります。これはアタックラインよりも前の位置で、ネットを挟んで2人1組でオーバーハンドパスを行います。
パス軌道の高さの頂点がネットの真上にくるようにコントロールしながら、お互いにアタックラインから前で上手くパスが出来るように行います。これをすることで、パスの精度を高めることが出来ます。

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について