シングルハンドパス コツ バレーボールジュニア選手育成プログラム DVD 工藤憲

シングルハンドパスのコツ

バレーボールでは、シングルハンドパスもしっかり出来るようにしておく必要があると思います。
実際の小学生の試合でも、片方の手でボールを扱う場面も意外と多いですからね。

 

シングルハンドパス

 

例えば、相手スパイクをブロックした後に真横に落ちるボールや、ネットと体の間、相手のフェイントの処理など、ネット際で使う場面が少なくありません。

 

 

そんなシングルハンドパスのコツは、手を軽く握って拳をつくり、親指の付け根から手首のあたりにボールを当てることだと思います。
この時には、あまり手を大きく振ってしまうと勢いがついてあらぬ方向にいってしまうので、手首だけでボールをパスする意識を持っておこなうと上手くいきやすいです。

 

 

利き手だけじゃなくて、逆側の手でも出来るようにしておきたいですね。
練習方法としては、まずは片手でボールコントロール出来るようにする必要があるので、左右交互に手を使って、片方の手でリフティングするといいです。

 

 

前後左右に動きをつけたり、その場でやるだけではなく、チーム一列に並んで歩きながらやるなど、工夫してやるとあきずに楽しく上達できますね。

 

 

また、実際の試合を想定して、ブロックするつもりでジャンプして、ネットの反対側から緩いボールを左右にランダムに出します。
ブロックに跳んだ選手は素早くボールを落下点に片方の手を伸ばして、素早くシングルハンドで真上にパスをするように練習するのも効果的かと。

 

 

日々練習していると、毎日、同じような内容になってしまうことも多いと思います。
全国常連の強いチームの選手たちは、どんな練習でレベルアップしているのか、また、初心者は何からすればいいのだろうかなど、色々な練習を知ることは、様々な問題の解決に繋がるでしょう。('ω')ノ

 

 
DVDの収録内容 公式ページ パス、レシーブ スパイクの基本 サーブのコツ ブロックの基本 トスのコツ 指導について